「個人の投資が成功するには、株を財産として
長期に持ち必要に迫られた時だけ換金して
他の目的に使うようにするのが一番成功の
確率が高い。

株価が長期の展望のなかで高値を更新すると
思われる局面では、現金ではなく株を基準として
自分の財産を考え、株価を増やしていった方が
良い。

しかし、株は長期保有が望ましいと言っても、
何年も、何十年も持ち続けるのが良いかといえば、
これまた問題である。
世の中の変化が激しく、昨日の成長株が
今日の成長株とは限らないからである。

世の中の移り変わりは、やや長期的な
展望で眺めていると、その栄枯盛衰が
視野に入ってくるので、景気が一巡したあとの
大暴落のさなかか、その後の膠着状態にある時が
株の買い替えがやりやすい時期となる。」
(「株が本命」)